プレゼンをもっと楽しく! テクニックやルールより「なりたい自分になる」ために。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から使えるプレゼンTips!!

2008 - 11/25 [Tue] - 09:22

2008年11月25日(火) 
ストーリーをどう組み立てるか:
今日から使えるプレゼンTips!(6)


”プレゼンパーク”とは、もっと多くの人に”プレゼン”というものに親しんでもらいたい、
という気持ちでスタートする、新しいプレゼン講座です。




このプレゼンTipsも6回目となりました。

出来る限り、「今日のプレゼンから使える」ことを目指し、
Tipsを書いてきましたが、
今日はどちらかというと、当日というより、
準備の段階で考える内容、つまり、「ストーリー」について
考えてみたいと思います。

プレゼンはストーリーが命だと思います。

この「ストーリー」というのは、
いかに論理的であるか、説得力があるか、
という事を
「ストーリーが通っている」とか、
「ストーリーが明確である」

などと表現します。

だから世の中には、
「ロジカルプレゼンテーション」や
「説得力のあるプレゼン術」など、
いかにもそれなりの難しさがあるから
勉強しなければならない、
という雰囲気を出している言葉が
溢れています。


しかし、
この「ストーリー」を組み立てる、
というのは考えているほど難しいもの
ではありません。


実は日常生活の中で、既に自然に行っていることを
少し応用すれば良いのです。


例えば、あなたが久しぶりに昔の友人に会ったとしましょう。
道でばったり会っただけなので、ゆっくりと会話する時間はありません。
しかし、お互いの近況を3分ずつくらいは話す余裕があるとします。



あなたはその友人にどのように近況を伝えますか?



プレゼンの「教科書」では恐らく以下のようにストーリーを
組み立てるようにアドバイスがあると思います。


STEP1 話したいポイントを3つ挙げる

STEP2 その順番を考える(ストーリー)

STEP3 それぞれのポイントを踏まえた結論を述べる


色々な表現の違いはあると思いますが、
恐らくこのようなSTEPを踏んでストーリーを組み立てる、
ということが書いてあると思います。


これ、道でばったりあった友人との会話で
考えている人、いますか?


しっかりとステップを踏んで考えている人もいるかも知れませんが、
普通はこんなステップなんて考えませんよね。


でも、このような状況を振り返ってみると、
実は、誰もが自然に上記のような考え方をしているのです。


まず、「3分くらいしかない」というのがお互いの雰囲気の中で
だいたい分かっています。

だとすると、近況で色々と伝えたい事はあるけれど、
なんとかその3分の中で、どうしても伝えたいと思う事を
「絞る」という動作を、「自然に」しているはずです。


これがいくらでも時間があって、午後一杯お茶でも飲みながら、
という事になると別の会話になっていくと思います。

話題をあまり絞る必要がないので、
次から次へと、そしてより細かく、詳細を、
という風に、際限なく会話を続ける事が出来ます。

それでも、夕食の時間や話疲れるまで話をしたり、
ということになると会話は終了です。

なので、「また今度夕食でもしながらゆっくり」とか、
「今度、お酒でも飲みながら」ということになる。
このような場面でも、実は話題を絞っているのですね。


これはいわゆる「井戸端会議」と言われる、
ご近所のお付き合いの中、
午後のひとときを立ち話で行う場面にも現れます。


井戸端会議には時間制限がないようで、
実はあります。


話始めてから、例えば子供を迎えに行く時間まで、とか、
夕食の支度をし始めるまで、とか、
あるいは買い物に行く時間まで、洗濯物を取り込む時間まで、
などなど、制限時間がお互いの暗黙の中で出来上がっています。


ですので、際限なく続くように見える井戸端会議でも、
実は暗黙の制限時間の中で、お互いが相手に伝えたい事を、
ポイントを絞りながら(?)、伝え合っている、と考えると、
これも一つのプレゼンです。


これらのポイント、順番はどのように考えているでしょうか。

ほとんどの場合、
無意識のうちに、
「相手にウケそうな順番」を
考えていると思います。


本当に時間がなければ、とにかくストレートに
一番伝えたい事を会話のはじめに持ってくるし、
多少余裕があれば、イントロ的な話題を持ってきて、
盛り上がってきたところでメインの話題、
という風になるかも知れません。


と、ここまで書いて、
記事が大変長くなってきたことに気付きました。

これも、時間がある、と思って書き始めたから、
ということになりますね笑

次回以降、何回かに分けて、
この「ストーリー」について続けて考えて行こうと思います。

まとめ:

・「ストーリー作り」は難しいものではない。
 日常無意識にやっている。

・時間制限とトピックの数というのは
 密接に関係する。


以上です。

皆さんも、ご自身の日常生活での経験を思い出してみてください。

次回、続きをお楽しみに。


2008年11月25日(火)
プレゼンパーク パークマネージャー

※本ブログは11月開設予定のプレゼンパークHPに移行される予定です。

スポンサーサイト

今日から使えるプレゼンTips!

2008 - 11/14 [Fri] - 08:23

2008年11月14日(金) 
「えっと・・・」を飲み込む:
今日から使えるプレゼンTips!(5)


”プレゼンパーク”とは、もっと多くの人に”プレゼン”というものに親しんでもらいたい、
という気持ちでスタートする、新しいプレゼン講座です。




先日、ある方のプレゼン指導をしていて、
とても気になる部分がありました。

それは、節々に出てくる、「えっと・・・」という言葉。

実はかなりの方が無意識のうちに発しています。
私もそうでした。

今日は、その「えっと・・・」という無意識の言葉と
上手く付き合って行く方法について考えます。



「えっと・・・」を飲み込む

ついつい、無意識のうちに出てくる言葉、
「えっと・・・」以外にも色々あるかと思います。


「え~」

「う~んと」

「で~・・・」


こういった無意識に出てくる言葉というのは、
それ自体は悪い事ではないと思います。

「完璧」を目指すプレゼン講座や本では
こういった「つなぎ」の言葉を出来る限りなくすように、
指導があると思いますが、
適度な頻度で自然に出てくるのであれば、
それほど気にならないものです。

しかし、先日、プレゼンパークとは別のところで行った指導では、
本当に無意識のうちに、かなりの頻度で「えっと・・・」が出てくる方が
いらっしゃいました。

文節と文節の間、
単語と単語の間、
単語の途中、
などなど、とにかくすごい頻度でした。

ここまでくると、聞いている方は少し気になってくる。


「えっと・・・」の問題点は、
それ自体が悪い、ということではありません。

問題は、

頻度が多くなる事により、プレゼン本来の内容よりも、
その無意識のうちにプレゼンターから発せられる言葉に
どうしても気を取られてしまうこと、

だと思います。

更に、頻度が行き過ぎると、聴衆は内容よりも
「えっと・・・」の回数を数えたくなってきたりもします。

「本当?」と思われるかも知れませんが、
本当です。

みなさんも意識して他の方のプレゼンを聞いてみてください。

無意識に発せられる言葉の方が気になってくるのです。


この問題に対する解決策というか、
すぐにでも効いてくる対策には二つあります。


まず一つ目。
これが最も効果があります。

1. 自分の癖(クセ)を知ること

つまり、自分が無意識のうちに発している、
「えっと・・・」なり、「う~んと・・・」などという言葉を知る事です。

「なんだ、それだけか」と思われるかも知れませんが、
これが最も大事な部分です。

先ほども触れましたが、
この「えっと・・・」については、
それ自体は悪くない。

問題は、

「無意識のうちに発せられ、頻度が多くなる」

ことです。

では、気にならない程度の頻度で、
自然に出てくるくらいに抑えるには、
ということで、即効性が高いのが、
この「自分自身のクセを知る」という事です。

これは自分だけでは中々気付かないものです。
誰かから指摘されないと気付きません。

世の中のプレゼン講座に参加するまでも無く、
周囲の方にプレゼンを見てもらいましょう。
きっと自分では気付かないクセを指摘してくれると思います。

これが第一歩。しかし、大きな「一歩」です。


2. それを「飲み込む」

そして、二つ目のステップは、
気付いた自分の無意識の言葉を、
「ぐっと飲み込む」ということです。

自分のクセが分かっていれば、
その言葉を発しようとする前に、


「あ、自分は今、えっと・・・、と言おうとしているな」
というのが分かります。

「少し頻度が多いな」
と感じる事が出来ます。


そうしたら、その言葉を沈黙で飲み込んでしまいましょう。

以前も触れた事がありますが、
聴衆にとって、プレゼンターの沈黙というのは、
あまり気にならないものです。

むしろ適度に沈黙があった方が、
「次になにを言うのだろう」と気になります。

注意を引く事が出来るのです。

文脈の間を「えっと」のような言葉で全て埋め尽くしてしまうと、
この貴重な「沈黙」のタイミングがなくなってしまいます。

自分のクセを知り、その言葉を積極的に飲み込む事により、
むしろ上手いタイミングで「沈黙」を作る事が出来ます。

これは非常に即効性が高い方法です。
長くなったのでまとめます。

まとめ:

・「えっと・・・」や「う~んと」、
 頻度が多くなるとちょっと問題。

・分かってしまえばこっちのもの。
 積極的な「沈黙」のタイミングにしてしまおう。


以上です。

是非、今日のプレゼンで試してみてください。


2008年11月15日(金)
プレゼンパーク パークマネージャー

※本ブログは11月開設予定のプレゼンパークHPに移行される予定です。

今日から使えるプレゼンTips!

2008 - 11/05 [Wed] - 08:20

2008年11月05日(水) 
肩幅よりも「自分幅」:
今日から使えるプレゼンTips!(4)


”プレゼンパーク”とは、もっと多くの人に”プレゼン”というものに親しんでもらいたい、
という気持ちでスタートする、新しいプレゼン講座です。




11月中旬の開講に向け、先週末プレイベントを実施しました。
社会人と大学生のお二人にご協力頂き、
実際の3時間を体験して頂きました。

当日の様子等、また詳しくお伝えしますが、
嬉しいコメントを頂いておりますので、
本日のブログの最後に
写真と共に少しだけご紹介致します。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。



肩幅よりも「自分幅」

「プレゼンの時は肩幅で立つこと!」なんて、聞いた事ありませんか?

その方が堂々として見えるからでしょうか、
なぜか、「プレゼンでは肩幅」というのが「常識」でさえあるかのように、
良く言われています。

ここで皆さんに質問です。

肩幅で立ってプレゼンする機会ってあります?


展示会やセミナーでのプレゼンターとして、
大勢の前でプレゼンをする場合、
遠くから見ても大きく見えるように、
ということで肩幅で立つ事が効果的なこともあると思いますが、
多くの方々にとって、
そういう大きなプレゼンの機会自体が稀でしょう。

それより、もっと日常に近い、
ミーティングやゼミでの発表では、
聴衆はせいぜい10人程度で、場所もそんなに広くない。

そのような場所で前に出ている人間が肩幅でバタバタと動いていると、
非常に「うっとうしい」感じになります。



私の経験からすると、

肩幅で立つことにほとんど意味はない。


と思います。


それより、むしろ自分が最も自然でいられる姿勢、
ビシッと足をそろえていても構わないし、
肩幅より狭くても広くても構わない。

これを、「自分幅」と呼ぶとすると、
自分自身の「自分幅」、つまり、
自分が最も自然でいられる姿勢を見付け、
それを意識するようにしましょう。


その方がよっぽど堂々と、自然に見えます。



これだけであなたのプレゼンは、ぐっと良くなります。
是非、今日のプレゼンで試してみてください。

ちなみに私の「自分幅」は、

「左足を前に、右足を後ろに」です。
これは右手で指し棒を持って、
自分の右側にあるスクリーンに映るスライドを説明するからで、
こうすると会場の左側から右側まで、
全体に顔を体を向けやすくなるからです。

あなたも、会場や聴衆の数に合わせ、
「自分幅」を探してみてください。

今日のプレゼンは今のあなたそのもの。
テクニックやルールで繕う必要はありません。
ありのままのあなたで良いのです。


2008年11月05日(水)
プレゼンパーク パークマネージャー




プレゼンパーク・プレイベント実施!


先週末、11月1日(土)に、開講前のプレイベントとして実際のセッションを体験頂きました。

今回はお二人に参加頂きました。
3時間のセッションを実際に体験して頂きました。

はじめは「こんなに実践をやるの!?」と驚いていた様子でしたが、
みるみるうちにプレゼンがレベルアップしていくのを、
私たちもご自身もハッキリと感じられたようです。


参加者の社会人    参加者の大学生


セッション後のアンケートで大変嬉しいコメントを頂きましたので、
抜粋をご紹介致します。

社会人 27歳 11月から転職で新しい職場へ その準備として


「プレゼンって楽しいんだ」と思えたことが今日一番の収穫です。
 実践を通じて上手くなることを短時間で実感出来ました。

・ 期待以上でした。もっと早く受けてみたかったです。
 今日の内容を知らなかったことで、
 今までの人生だいぶ損しているかも知れません。

・ 苦手な分野でしたが、楽しめたし、すごくためになりました。目からウロコでした。
 転職前で、本当にちょうど良いタイミングで受講出来てよかったです。


大学生 22歳 そろそろ就職活動開始 その準備として


実践を短時間で濃く出来たので、他には無い感じでとても良いと思った。
 フィードバックがすぐに返ってきて、すぐに次回に活かせるので良い。

・ 面接やスピーチはもちろん、日常でただ人と話す場面でも応用出来ると思う。

テクニック重視のプレゼン講座とは大きく違って
 色々なところで使える内容だったので、参加してすごく良かった。


以上です。

実際の詳しい内容含め、
また別の機会にお伝えしますが、大変満足頂けたようで、
私自身も大変嬉しく思っております。

他の方にもおススメ頂き、是非、この満足感を皆さんに教えて頂ければと思います。


ご協力頂いたお二方、本当に有り難う御座いました!

このブログをご覧頂いている皆さんにもお会い出来る事を楽しみにしております。




※本ブログは11月開設予定のプレゼンパークHPに移行される予定です。

 | HOME | 

ようこそ!

p-park-manager

Author:p-park-manager
ようこそ、プレゼンパークへ。

パークマネージャー プロフィール
1975年生まれ 33歳 AB型
東京都在住

大手SIでの営業、事業企画、
米国ビジネススクールを経て、
二年前より東証一部上場商社へ
経営企画担当

【最新スケジュール】

開催日程:
① 11月29日(土)
都合により日程変更
② 12月06日(土)
③ 12月20日(土)
④ 01月10日(土)
全て13:30~16:30

定員(各セッション):
5名 (2名から開催)


開催場所:
横浜YMCA ACT

横浜駅西口 徒歩5分

受講料(各セッション):
¥9,800 (一般)
¥7,700 (学生)

※税込価格。教材費含む。


セッション内容などはこちらを参照(過去の記事)

申込み/問合せ:
045-316-1881
横浜YMCA ACT

記事のカテゴリ

最新記事

パークマネージャーより

参加コミュニティ

メルマガ登録

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。